米田 秀穂(よねだ ひでほ)
願望実現法の専門家。
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー
1963年 4月5日 大阪府で誕生、在住
おひつじ座
1986年 同志社大学文学部卒業
2008年 起業し現在に至る。

今すぐお客様を思うように増やしたい人が
望んだ以上のお客様、収入をたった今スムーズに
手に入れられるように、コンサルティングやセミナーなどを
通じてサポートを行なっている。

 

・主な実績:
・カウンセリング実績  2000件以上
・セミナー・勉強会主催 100回以上
※2008年1月から2019年11月まで

ビジネスをはじめとして、願望を最短で実現させるには
「すべての思考から解放された状態」にいることがカギだと確信。

劣等感や罪悪感、不安や恐怖などのマイナス思考やネガティブな感情を
受け流すテクニック、また、瞑想法や心理セラピーを応用して
過去の記憶や記憶から生まれた観念を消し去る方法を伝えています。

現在は、それらのテクニックやメソッドを収集・研究しながら、
より簡単で効果が高い方法を開発中。

幼い頃から「努力はするものの結果がついて来ない」という体験と
「なぜだかわからないが土壇場で何とか助かる」という体験を何度も
繰り返す。

高校、大学の入試も周囲から「お前では無理」と言われたにも関わらず
合格を果たす。そのせいで、「願望は必ず叶うもの」という信念を持つに至り、
宗教的なものも含めて、古今東西の願望実現法の研究を本格的に始める。

大学卒業後は地元の地方自治体に就職。教育委員会の総務、図書館、
経済企画課、危機管理室とさまざまな部署を経験するも、
ある部署で先輩からパワハラをうける。

うつ状態になり「人間関係をどうにかしなければ」と考えた末、
「コミュニケーションを学ぶには心理学」と思い、
日本メンタルヘルス協会に入校。

「(子どもたちの将来のためにも)カッコイイ大人になろう」
という協会代表の衛藤信之先生の言葉と
「自分のように弱い立場の人の力になりたい」との思いと
が募ったことから、プロコース修了後、心理カウンセラーとして起業。
約20年勤めた地元自治体を退職する。

開業後は、イメージセラピーを柱にしたカウンセリングが
評判となり、多くのクライアントが訪れるようになる。

ところが、独立して5年目、顧問先企業の倒産から経済的なピンチに
陥り、多額の借入金を抱えることになる。
一時はうつ状態が再発し「このまま死ぬか」とも考える。

が、その時に、ライフワークとして行っていた願望実現法を心理学の
テクニックと組み合わせて用いたところ、危機的状況からの脱出を果たす。

この経験から、「本当に効果のある願望実現法を広めていこう」と
改めて決意。

現在は、
「子どもたちが憧れるカッコイイ大人を増やす」をミッションとして、
努力を重ねている人が今すぐスムーズに望む成果を手に入れるための
サポートを行っている。

ビジネスでつまずいている人を
「お客様や売上を楽しみながら増やしていくカッコイイ大人」
に変えて、喜び活躍してもらい、
「大人って楽しく生きてるんだ、早く大人になりたいなあ」と
大人に憧れる子どもたちがどんどん増えていく世界を目指している。

コンサルティングを受けた方からは

・今まで何をしてもうまくいかず、毎日イライラしていたが、
アドバイスを取り入れたとたん、面白いように結果が出るようになった。

・自分では気づかなかった問題点が見つけられて仕事や人間関係を良くする
だけでなく、自分を好きになることができて良かった。

・人をうらやんでいたが、自分で結果を出せるようになったらそんな気持ちが
沸かなくなった。
こんなきっかけをいただいて感謝している。

といった言葉をいただいています。

座右の銘は「希望は失望に終わることはない」。